花を通じて心が豊かになり、幸せを感じ、謙虚さを悟るようになります。Choi Florsit(チョイフロリスト)のページへようこそ。
フラワーレッスン(Flower Lesson) プリザーブトフラワー 生花アレンジ 花束 鉢物 植物管理 ウエディング(Wedding) 空間装飾、ディスプレイ(Display)…
日本語韓国語
ホーム  アクセス  お問合せ
  ホーム
  Choi Florist案内
  Choi Sung Bouk プロフィール
  掲載記事(新聞・雑誌)
  作品紹介(個人展・展示会)
  最新ニュース
  OFF LINE SHOP
  WEDDING
  フラワーレッスン(Lesson)
  植物管理
  リンク集
  お問い合わせ
  アクセス
  プライバシーポリシーについて
  現在位置:HOME植物管理

植物管理

ポインセチア

ポインセチア(ウィンターローズ)

 

置場所:明るい窓辺などが最適です。

 

開花中の管理:

温度は5度以下にならないように注意してください。花が咲いている間は植え替えや肥料は特には必要ありません。水だけで管理してください。また従来のポインセチアに比べ、水をあまり必要としないため、表面が乾いたら控えめに与えてください。

花後の管理:

苞(ホウ)の色があわせて落葉し始める頃、1枚に5枚ほどの葉を残して刈り込みます。春に新芽が動き始めたら、一回り大きな鉢に植え替えて、肥料を1ヶ月に1回程度与えてください。水やりは春に芽が動き始める頃から控えめに与えてください。

 

 

ポインセチア:

今やクリスマスシーズンには欠かせない植物となったポインセチア。赤い部分は苞葉で、赤い苞の中心にある豆状のものが花。ポインセチアは、プルケリマという一種だけを指し、ここからたくさんお園芸品種が生まれている。苞を美しく発色させるためには独特な管理が必要で、9月ごろから日照時間を一日12時間に制限する。室内に取り込んだら、夕方から朝まで段ボールを被せ、電灯の光が当たらないようにする。これをひと月半ほど続けると苞が色づき、きれいな株になる。寒さに弱く、低温にあたると葉が変形することもあるので、冬は暖かい場所に置く。また、鉢の移動にも敏感で葉を落としやすいため、置き場所を頻繁に変えないことも大切。

 





ChoiFlorist
E-Mail:info@choiflorist.com
   Copyright (C) 2006 ChoiFlorist All Rights Reserved